カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

器のお取り扱いについて



当店で取り扱っている器は、手作りのものですので全く同じものはありません。同じ商品でも、色や形、表情が少しずつ異なります。

また、表面に貫入(かんにゅう)と呼ばれる細かいヒビが入っているもの、ポツポツとした多孔質と呼ばれる小さい穴があいているものなどがあります。
陶磁器には一般的なもので、それも含めて、土の持つぬくもりを感じられるのが魅力の一つです。
ご理解の上、ご購入をお願いいたします。


お取り扱いについて。

ご使用の前にちょっとしたお手入れをしておけば、より長くきれいに付きあうことができます。

使用前に煮沸する。
---------------------------------------------------------------------------

陶器は吸水性が高いため、色の濃い汁ものなどを盛ると器に染みこんでしまう場合があります。

このため使い始めに、お米のとぎ汁で煮沸しておくと汚れが染みにくくなります。(“目止め”といいます)
少し面倒な作業ではありますが、最初にこれをするとしないとでは使っているうちに差が出てくることがあるので、出来るだけおすすめをしたいです。

それでも汚れてしまった場合は、漂白剤に浸け置きして汚れを落としてください。

またやはりどうしても面倒な場合は、使う前にさっと水にくぐらせるだけでも、陶器が先に水を吸うので、煮汁などの吸水を防ぐ効果があります。



高台に気をつける。
---------------------------------------------------------------------------

器を重ねると高台で下の器の内側を傷つけることがあります。
布や紙を間に入れて重ねるか、高台に軽くヤスリをかけると防ぐことができます。


カビや臭い、シミ。
---------------------------------------------------------------------------

前述の通り、貫入や多孔質のある器は、吸水性が高く汚れが染み込みやすいのが特徴です。
毎回使用する前に水に浸けて軽く拭いていただくと染み込みにくくなります。
使用後はすぐに洗い、よく乾燥させることで、カビや臭いを防げます。

土の柔らかさ。
---------------------------------------------------------------------------

当店で扱う器は、量産品に比べて硬度のない柔らかい土で作られているものが多いため、ぶつけてしまうと欠けやすいこともございます。

ただ、この柔らかい雰囲気が量産品にはない「ぬくもり」や、「たった一つの自分の器」という愛着に通じるかと思いますので、大切に扱ってご自身で器を育てていっていただければ幸いです。







ページトップへ